恋人募集で出逢ったエミカ

僕は、38歳。既婚者です。
ネットで、恋人募集をしました。
それで知り合ったのが、エミカでした。
エミカは、まだ、22歳で、とても若く、
けれど、知的で、そして、美しい女性でした。
僕は、一目見た時から、彼女を恋人に
したいと思いました。
そして、エミカには、もちろん、私に、妻がいることを、
了解してもらって、付き合い出しました。
なので、二人きりになれる仕事後は、
私とエミカの静かな大人の時間でした。
レストランで、食事を一緒に取りました。
ほっとできる私達の時間でした。
そして、エミカと、その後、ラブホテルへ
向かうのが、日課になりました。
若い美しいエミカの身体は、
仕事の疲れ、日々の疲れを、
最高に癒してくれました。
僕は、ラブホテルに着くと、
エミカに、静かに抱きつきました。
彼女は、優しくそんな僕を受け止めてくれ、
抱きしめ返してくれました。
そして、エミカの首筋、頬、唇とキスをしていきました。
そっと、エミカのカーディガンを脱がして、
キャミソールの紐も肩からはずしていきました。
そして、僕の目の前には、
エミカの綺麗なブラ姿が現れるのでした。
やがてそのブラも、ゆっくりと
僕の手によって、外されていきました。
そして、僕は、彼女の綺麗な裸体に、触れていくのでした。
その後、エミカの綺麗な白肌、美乳の
おっぱいを味わい尽くすのでした。
その後、形の良い彼女のお尻を撫で、
スカートのホックをはずして、チャックをさげると、
今度は綺麗な美脚が出現されるのでした。
そして、ベッドに入り、甘い時間を彼女と過ごせています。

恋人と自分の妹がまさかの行為

私の知り合いには本当に仲の良い彼女がいました。
いつも2人は一緒でお互いの家族ぐるみの付き合いもあり結婚も間近だと思っていました。
しかし知り合いによると「最近俺の妹と彼女がよく一緒に出掛けるんだよね」と彼女と妹が異様に一緒にいる時間が多い事を悩んでいました。
ただ仲が良いのならいいのですが抱き合ったりキスをしたりするなどその様子は明らかに愛し合う恋人のようだったと言います。
私も2人が一緒にいるところを見たことがありますが私がいないと思って2人はお互いを見つめ合い、抱き合いながら濃厚なキスをしていたのでもしかしてレズ出会いからなのかなと感じてはいました。
そして知り合いはある日決定的な場面を目にしてしまいました。
知り合いが帰宅するとなぜか彼女の靴があり2階から女性のあえぎ声が聞こえてきていました。
知り合いがその声のする所を確認すると何と彼女と実の妹が全裸で抱き合っていたのです。
お互いの乳房を揉みあいキスをして性行為をしていたのです。
さすがにこの光景を見た知り合いは彼女に別れを告げました。
しかし彼女からは「ありがとう。
これであなたの妹と付き合える」と逆に喜んでいたと言います。
実は彼女と妹は出会って何度か話をしているうちに恋におち、知り合いに隠れて愛を育んでいたのです。
知り合いは妹にも問い詰めたのですが「兄さん別れてくれてありがとう」と言って関係を辞めるつもりは一切ないそうです。
現在彼女と妹は同居しお互いの両親も理解してくれて幸せに暮らしているそうですが知り合いはしばらく女性不信になり2人の関係を理解するのに数年かかったそうです。
レズは決して悪い事ではありませんが知り合いの辛い気持ちも分かります。
彼女は彼に悪いと思っていたそうですが正直に自分はレズであることを言いやすい世の中になるように理解を社会全体で深めていかなければいけないと思います。

初めて「出会い系」で出会えた

出会い系サイトはネットで結構やっていたのですが、1回も会えたことはありませんでした。ニュースなどで、出会い系で会った高校生とみだらな行為に及んで捕まった、などを読むと、その犯罪についてよりも、出会い系で出会えている人がいることに驚くことが多かったです。
その代わり、というのも変ですが、サクラには何回も引っかかっています。ネット上の会話をするために課金結構な金額でしましたし、騙しの会う約束を真に受けて、待ち合わせ場所で呆然と1時間以上も立ち尽くしていたことも何度もあります。
それで出会い系は本当に会えないな、と思っていて、もういい加減止めようと思っていました。
そんな時に、これを最後にしようと思いながら、連絡を取ったのが、東京の北の方に住むという主婦の人でした。連絡を取り合っていると、向こうから会いたいと言ってきて、その待ち合わせ場所も妙にリアルに、ターミナル駅の近所のデパートの1階だったので、これでだまされたら最後にしようと思って、行ってみました。
ところが、待ち合わせ場所で待っていると、その時間に本当に打ち合わせ通りの服装で女性が現れたのです。ウソかと思いましたが、本当でしたので、そのまま手を引いてタクシーに乗って、近所のラブホテルに行きました。
そして相手もかなり欲求不満がたまっていたのか、部屋に入るなり激しく求めあって、シャワーも浴びずに1回戦を済ませました。
そして2回戦の間までに話をしたところ、そこから30分ほど離れたところに住む専業主婦で34歳。毎回東京出会い系では騙されていたので、今回を最後にしようと思って連絡を取ったら、本物だった、とのことでした。
そこで、連絡先を交換し、今でも月に1回くらいの割合いで会って楽しんでいます。

テスト勉強のはずだったのに

専門学校の同じクラスの男の子(U君)から、「テスト勉強、一緒にしない?」ってメールがありました。

私もそろそろテスト勉強始めなきゃって思っていたので、勉強道具を持ってU君の家に

行きました。

このU君、背も高くてかっこよくて高校時代は野球でピッチャーで地元ではちょっと有名人。

怪我の為に高校以降は野球を続けることができなくて、野球は引退。

とにかく、プレーボーイ四国出会い系サイトでも遊んでるくらい・・・。

彼の部屋について、とりあえずお茶しながら、クラスのこととか将来のこととか話してました。

それと、お互いの彼氏彼女のこととか。ちなみに私もU君も彼氏、彼女ありです。

U君にいたっては、専門学校の講師とつきあってました。

時間も遅くなってきたので、そろそろ勉強始めよってことになり、とりあえず教科書を開きました。

そこへ、私の彼氏から電話が。「今、クラスメイトの女の子の家でテスト勉強してるから~」って話して

いたら、いきなりU君が私の後ろから胸をわしづかみにして、強くもんできました。

ビックリした私。でも彼氏と電話中なので、変な声も出せずに、とりあえず彼氏には、「そういうことだから。」って言って

電話を切りました。

私がU君に「何で?こんな・・・」って言いかけたところで、今度は激しくキスをしてきました。

U君の舌が私の舌に絡んできます。

U君が、「ずっと好きだったんだ。今の彼女よりも、S(私)の事のほうが好きなんだ。付き合うのが無理でも

もう我慢できない。」て。

彼氏もいたので、抵抗していた私ですが、既に濡れていました。U君の手が私の下着の中に入ってきて、

私がぐっしょり濡れているのが分かったU君。「嫌がってても濡れてるよ。」って言いながら、私のアソコに

指を挿入してきました。気持ちよくてあえぎ声をあげる私。U君は3本の指で激しく私のアソコを攻めてきます。

私は、感じすぎて恥じらいもなく大きな声で「行く~」っと。

初めて、潮を吹いてしまいました。

それでもU君はどんどん攻めてきます。私、「お願い。おっきのがほしい。」って言ってしまってました。

U君は、すでに、はち切れそうになっているペニスを私に強く押し込んできました。

U君、「Sのアソコ気持ちいい~!」って言いながら、行きそうになるのを必死でこらえているのが分かりました。

我慢できなくなったU君、「あ~ぁぁぁ」って声をあげながら、私の胸の上に大量に発射。

テスト勉強なんて初めからするつもりなかったみたいです。

好奇心から始まる関係

もう、5~6年前の出来事。最初は、ほんの好奇心。出会い系サイトと言われるサイトに登録してみた。

色んな人からメールが送られてくるのが楽しい。内容も十人十色。

1行だけのバカっぽいのには返信しない。

写真が添付してあって、キチンと内容のあるメールを送ってきた人には、こちらもキチンと返信した。

そうやって知り合った男性は10人前後。その中の何人かはメールだけで終了。

その他の人は、実際に会ってみた。会った人とは全員、関係を持った。

特に罪悪感なんてない。

メールで何度かやり取りして、お互い気に入ったら会うというパターン。既婚者もいたけど、気にならなかった。

好きで付き合って不倫してる訳じゃないから。食事をしてホテルへ行くのが定番。

殆どが1度か2度会ったらそれで終了。

中には、出張を利用している人もいた。

私が住んでいる町に定期的に出張してくるとかで、その時に後腐れなくヤリたいらしい。既婚者だったけど、奥さんとはセックスレス。とにかく「溜まっている」人だった。

ガチムチ系の体型で、ちょっと大きめかな?早くないけど、テクニックはイマイチ。何度か会って、フェードアウト。

唯一、何年か続いた人愛媛出会い系サイトのセフレが1人。私より年上で羽振りが良い。職業は、確か税理士か会計士だったと思う。

その人も奥さんとはセックスレス。何年もしていない。セフレを探すのは初めてだと言っていた。

彼に対して執着心があったわけじゃないから、別にどうでも良かった。

色んな事を試してみたいタイプなんだけど、テクニックが伴わない人。それが彼の印象。少しメタボ気味で、お世辞にも大きいサイズじゃなかった所為か、抜けやすい。

平均的な日本人サイズよりお粗末かもしれない。でも、私の事を気持ち良くさせよう!という気持ちが強かった。そこが他の人たちと違った点。

息子さんの中学進学の事で忙しく、連絡が取れなくなった。

でも、メール1通出来ない訳ないはず。潮時かな?そう思った。

永遠に続く関係なんてない。いつかは別れる。彼からの長文メールに「そうですね」の一言だけで別れた。

それ以来、セフレらしいセフレはいない。

取引先の配達員とセックスフレンドに

飲食店で働いている頃、取引先の配達員とセックスフレンドの仲になってしまいました。

配達員をしているだけあり、筋肉がほどよくついていて、サーフィンで焼けた肌が、素敵な男性でした。

とある日に、サーフィン見に行きたいと話し、メールアドレスを交換することになりました。

休憩時間になり、携帯を見るとすでに彼からメールが入っていました。

早朝トリップをしたいから、二人で休みを合わせようという話になり、ついに彼のサーフィンを見に行けることになったのです。

早朝トリップの後は、デートをしようと話していたものの、お互いに寝不足だったため、ホテルで休憩することになりました。

そういう関係を考えていなかったわけではないのですが、エレベーター内でドキドキが止まらなくなってしまいました。

部屋に着くと彼はすぐにキスをしてきたのです。

突然すぎて、腰が砕けそうになると、彼がお姫様抱っこをして、ベッドまで運んでくれました。

彼のキスは次第に激しくなりをしながら服を脱がされてしまいました。

おっぱいを揉んだり、乳首を舐めたり、かなりのテクニシャンで、パンツを脱がされる頃には、

グチョグチョに濡れていました。クンニもたくさんしてくれ、手マンで潮を吹いたりと昼間なのに

喘ぎ声が止まりませんでした。もちろん彼のもフェラでご奉仕。こんなのされたことないと喜んでくれました。

実は、この後に彼が既婚だと知らされ福岡出会い系サイトでセフレもいる事を分かりました。しかし、彼はセックスフレンドになって欲しいと言ってきたのです。

彼のセックスに惚れ込んでしまった私は承諾し、月1回は早朝トリップ後のラブホが定番のデートコースになりました。

アルバイトの先輩と

私は中古のCDショップでアルバイトをしています。
個人経営のその店は、オーナーも他の従業員もみんないい人で優しいけど、私がバイトをはじめた時に教育係をまかされた「センパイ」だけは厳しくて嫌い。
ちょっとでも失敗するとすぐ怒るし、普段もつっけんどんでにこりともしないし、顔立ちは整っていて結構かっこいいのに、本当に台無し。
でも、センパイはセックスの時はすごくかわいい。
あんまりひどく怒るから、悔しくなって私が「そんなに怒らなくたって。そんなんだから彼女もできないんですよ」と言い返したら、センパイは赤くなって黙ってしまった。いつもうるさいセンパイが何も言えなくなる姿に無性に興奮して、エッチに持ち込んだのは私。
もう何度もしたのに、センパイは相変わらず童貞みたい。私が上に乗って腰を振ると、「ん、ん、」と可愛い声を出す。
「女の子みたい。もっと声出していいですよ」
とからかうと、顔を赤くして「やめろ」とか言うけど、私が奥まで受け入れたまま腰をぐりぐりゆっくりまわすと、「あっ、あっ、あん」って本当に女の子みたいな声を上げる。「私はセックス出会いサイト好きみたいなウブな子じゃないんだからね」などいじめてます。
でも、おちんちんは大きくて気持ちいい。
「センパイ、お尻掴んで」
命令してお尻を支えさせて、自分でおっぱいをいじる。両方の乳首を親指でこりこりすると、アソコがきゅっとしまって、センパイのペニスがびくびく震えてるのがわかる。
センパイはもう威厳も何もなく、目に涙をためながら、「出ちゃう。もうイっていい?イっていい?」と必死にお願いしてる。
だめって言いたかったけど、私も我慢の限界。激しく腰を使って、ほとんど一緒にイく。それから、やわらかくなったペニスを舐めてきれいにしてあげると、センパイは身悶える。いつもこんなに可愛かったらいいのに。

森三中の大島さんのダイエット!

 森三中の大島さんが8月末にある24時間テレビでチャリティ―マラソンに挑戦されるらしく、
ダイエットをされているとニュースでみかけました。
 普段とっても面白くて人柄の良さも感じる大島さんですが、ダイエットとは無縁な感じがしていたので、なんだか驚きです!

 しかも、もうすでに9キロの減量に成功されているそうですね。もっともっと目標は高くて最後は15キロの減量に挑むようです!出会った友達は心配しています…。

これだけ痩せれば膝への負担もかなり楽になると思うのです。長時間かけてのマラソンは24時間テレビでなどでなければ決して体験できないことなのでものすごく大変だとは思うのですががんばってほしいものですね。

 毎日の努力というのは過酷で孤独で楽しくもなくてつらいものだと感じるのですが、テレビのむこで励まされている方や人生観が変わるほど感激してくれる人たちもいると思うと芸能人の方たちのお仕事というのはやりがいがあるのだろな~なんて思ってしまう私なのでした。

考えすぎてしまうことについて

 私は、30代前半男性ですが、年齢を重ねるに連れて考えすぎてしまっているような気がします。考えることは、ものごとをすすめていくうえで、とても重要なことだと思います。しかし、それをしすぎてしまうと、結果的に何もできないということが多々あります。

 若い頃は、もう少し感覚的に、そしていきおいに乗ってものごとをすすめてきた気がするのですが、最近では考えるようになったことにより、立ち止まってしまい、結果的にやめてしまうことが多々あります。これは、過去の経験から「失敗したくない」という気持ちがはたらくからで、それらを考慮した結果なのだと思います。

 しかし、人生とは、やってみなければわからない部分がほとんどで、それを考えたからといって先読みできるとは限らないのです。考えに考えて、考え尽くすことももちろん大事だとは思うのですが、たまにはそうでなくて感覚的に物事を判断していくことも必要です。

 大人になればなるほどそう簡単にできることではないのかもしれませんが、少しでもそれを心がけていきたいと私は思っています。

ひらかたパーク

大阪府枚方市枚方公園町1−1にあるアミューズメント施設ひらかたパークに家族で半年に
一回は出かけます。
行く理由としてはアンパンマンショー等が開催されているからです。

私は奈良県に住んでいるのですが、あまり奈良県にはショー等が開催される所が少ないので
遊べてショーも見れるひらかたパークに出かけます。
入園券の料金も大人1300円、子供700円ですので安く気軽に行けます。

いつもアンパンマンショー等が始まる2時間ぐらい前に着き、乗り物等に乗って楽しく時間を
過ごします。20分前位にショーの開催される場所に行かないと良い席が取れないので、少し余裕を
持って行きます。ひらかたパークのショーは握手会やサイン会をしてくれるので子供たちも
凄く喜んでくれています。また、ボールハウス等子供達が長く遊べる場所もあるので、私達も
ゆっくり休んで楽しめる事ができます。

パーク内には子供達が喜ぶマクドナルドやポムの機等のお店もあります。

私はディッピンドッツ・アイスクリームのお店が大好きです。いつも子供達とショーを
見ながら食べています。

今はまだ子供達が小さいので、ジェットコスター等の乗り物に乗れませんが大きくなったら
一緒に乗りたいと思っています。